【冬の防寒対策】撮影用グローブについて考える。結果的にKenko Grip Hot Shot II買いました。


寒い日が続きますね!

皆さん冬に撮影行かれますか?寒いから出来るだけ屋内で撮りたいですよね。とはいえネイチャー系フォトグラファーの皆さんなんか冬山にガンガンアタックしてるんでホント凄いと思います。

さて、冬の撮影にはカメラやレンズもそうですが、「防寒対策」というものが欠かせません。

特に夜の星空撮影時なんか、寒いと撮影どころじゃありませんね。で、体は暖かいコートやダウンで完全防備してもどうしても薄手にならざるを得ないのが

「手」。

ですね。ゴワゴワのスキー用グローブはとにかく暖かいですが、カメラの操作がしづらい。かといって操作のしやすい薄手のグローブでは寒い。とにかくグローブというのは冬の撮影においてかなり重要なアイテムであることは間違いないのです。

筆者の現在のグローブ

今私が使用しているグローブは

  • コストコ激安グローブ「TYROLIA」
  • Black Diamond トレントグローブ

という二段構え。

以前冬の秩父の雪山に登った時。あれは確か手元の気温計が-4℃を指していた。ペットボトルが過冷却で開けた瞬間全て凍って飲めなくなった。そんな過酷な状況でした。

当時の私はユニクロのやっすいグローブをしてたんですけどね。稜線で強風に当たり、寒くなったのでザックからダウンを取り出して着ようと手袋を外したその時ですよ。

 

ズキーーーーン!!!

 

と両手に鈍い痛み。思わず声を上げるぐらい痛む両手。

どうやら手袋で多少ムレて湿っていた手に零度以下の風が容赦なく吹き付けて、あの冬の日の水仕事のような痛みの最上級な奴に襲われたようでした。

長くなりましたが、以来ある程度ちゃんとしたグローブをするようになったのです。

TYROLIAのグローブはインナーとして、BlackDiamondのグローブはアウターや雨の日など。GoreTEXなんで快適に使用しています。

ただこのTYROLIAのグローブは、タッチパネル対応とはいえ決して操作性は良くないので撮影に使えるほど有能ではなかったのですね。

というわけでTwitterのタイムラインで話題に上がったKenkoのGrip Hot Shot IIというグローブを見にヨドバシへ行ってきました。

ヨドバシで試着

ネットで試せない試着が出来るヨドバシカメラさんは本当にありがたいですね。ポイント考えればAmazonとあまり変わらないので是非皆さんヨドバシカメラの展示してある店舗で実際に試して買うことをお勧めします。

サイズはM/L/XLと3展開してまして、私が行ったヨドバシカメラさいたま新都心店さんはすべて試着可能になってました。

私は手の大きさ比べで負けたことがないぐらい手が大きいんですが、M/L/XLともに普通に装着できる。手袋自体が伸縮性の高い素材で作られているのも一つあるかと思いますが、あまりサイズ差が感じられませんでした。

とはいえXLは多少ブカブカに感じ、Mはキツキツに感じましたのでLを購入。普通の手袋としてならXLを選んでいたと思いますがブカブカだとカメラの操作性に影響がある。と感じてジャストサイズを選んでみました。

あと、同じ売り場に置いてあったLowproのフォトグローブ15というモデル、ちょっと安かったので試してみましたが、やはり少し安っぽかったのと生地がKenkoよりも薄手で寒そうだな。って思いましたね。

通勤時間に使ってみた

さっそく通勤時間の電車内で使ってみました。痴漢冤罪防止のため、混み合う社内では基本左手つり革、右手スマホ、体の前にはバックパックで対応しているんです。

デザイン:★★★★☆
操作性:★★★★☆
グリップ:★★★★★
あたたかさ:★★★☆☆

デザイン
カメラ用グローブとしてはデザインはいいと思います。変にロゴを入れていないところは非常に交換が持てますしグリップのパターンデザインも悪くない。縫製も気になる所はありませんでしたが、唯一マグネットの部分は外から見えないようにできればなー。と個人的には思いました。

操作性
両手の親指・人差し指部分はタッチパネル対応の上、指を第1関節部分から出すことが可能で、外したぶぶんはそのまま裏側に磁石でピタっとくっつく設計になってます。右手の親指を出してスマホ操作を行いましたが指を出した状態で邪魔になることはありませんでした。

心配になるムレは一切なかったのもいいですね。満員でちょっと暑くなり始めた社内でも手に汗を感じることはありませんでした。

やはり二本の指を出せるのは素晴らしいですね。着けづらいSHUREのSE215というイヤホンもグローブをしたまま楽に取り付けられますし、スマホ操作も素手とほぼ変わらず行うことが可能でした。

グリップ
グリップ性能は良すぎるぐらいです。エスカレーターの手すりに手を置けばその場所から滑ることはありませんし、金属製の回すタイプのドアノブを掴んでドアを開けた後、手がドアノブに引っかかって外れないような印象(実際はもちろん外れますが)があります。素手よりもグリップ力はあるようです。それがあるが故に使いづらい部分が出てくるのかもしれませんが。

あたたかさ
これについてはそりゃあ登山用のGORE WindStopper搭載の手袋なんかに比べれば寒いと思います。ただ、体感ですが自転車に乗り風を受けながら走った感じ、TYROLIAのグローブよりは暖かい=風を遮る印象を持ちました。これ以上素材を厚くすると操作性が心配ですし、ベストな生地の厚みだと思います。

残念なところ

とはいえ、やっぱり残念だな。って思う部分もあります。

・サイズで値段が違う
これは服飾関連ではあまりないのですが、小さいサイズほど安いです。MとXLで差額が1000円ほど。これは値段でサイズを選んでしまって実際には合わないサイズで使いづらい思いをする人が出てきたりするんであんまり関心しないなぁと思いました。

・サイズの展開が微妙
先述しましたがM/L/XLのサイズがあまり変わらない印象だったのが、特に手の小さい女性では合うサイズ無いんじゃないのか?って思いました。このサイズ展開ならSサイズも必要な気がします。

まとめ

というわけで、とりあえず朝の通勤で使っただけのレビューですがカメラに限らず冬の屋外でかなり有能なグローブであると思います。耐久性や実際の撮影での使い勝手なんかは今後色々試していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。