[PR] 小型・軽量・大光量。3 拍子揃った MOMAN の高演色 LED ライト

Pocket

※こちらの記事はMOMANの提供により執筆しています

皆さんはあの伝説のテーブル三脚を覚えているだろうか?

80kg耐えるテーブル三脚 Moman ミニ三脚がすごかった話

体重 75kg の成人男性が乗っても壊れないテーブル三脚。

そんな漢(おとこ)なカメラ用品
を作る MOMAN が、なんと LED ライトを作っちゃったんだってばよ!

MOMAN LED Video Light


主な仕様

  • 白色 LED48 灯・暖色 LED48 灯のバイカラーLED
  • Ra>=96 の高演色性
  • 重量 147g
  • 2800mAh の内蔵リチウムイオンバッテリー
  • 3500K~5700K まで色温度を変更可能
  • 5%(50Lumen)~100%(600Lumen)まで 1%刻みでの光量調整
  • 背面の OLED ディスプレイに使用可能時間・光量・色温度を表示
  • マグネット内蔵で金属部分に貼り付けて使用可能
  • USB type-C での充電

さっそく開封

しっかりとした化粧箱に入っています。

一段目にはUSB Type-C ケーブルと収納する小袋・取り扱い説明書(英語)が入っています。

二段目に本体と小型自由雲台が。

外観

上部には電源ボタンと充電用 USB type-C コネクタがあります。

下部および右側側面には 1/4 インチのネジ穴を装備。

左側側面にはマルチファンクションダイヤルがあり、背面には OLED ディスプレイがあります。ディスプレイ上段は充電時は充電状況、使用時には使用可能時間が表示されます。

電源ボタンを長押しする事で On/Off が可能。マルチファンクションダイヤルで明るさ・色温度を変更できます。(マルチファンクションダイヤルを押す事で色温度・光量どちらを操作するか変更可能)

Aputure Amaran AL-M9 LED と比較

バッテリー内蔵型の LED ライトといえば Aputure の Amaran AL-M9 という製品を以前紹介
していたので、そちらと比較をしてみます。

AL-M9 と比べると一回り大きい

厚みはディフューザーの分を考えても MOMAN が薄く作られています。

本体がアルミで成形されているのでプラスチックな AL-M9 と比べるとかなりしっか
りした印象。

また最大光量が圧倒的に MOMAN の方が明るく、さらに色温度変更ができる点を取っても
AL-M9 の上位互換と言って差し支えないでしょう。

ライティングテスト

充分に暗い 6 畳の洋室で、カラーチャートを置いた白い壁から1.5m の距離にライトを置き照らします。

露出計を持っていないため GH4 のカメラの露出計を簡易的に使用します。レンズは LUMIX 14mm/F2.5。先ずはMOMANの色温度、カメラのWBは共に5500K を設定しました。

AL-M9 の最大光量での明るさ

F3.2, 1/50s ISO 800 で適正露出を表す±0 が表示された。

MOMAN 5%

同様の設定で 5%に設定した Moman LED ライトを点灯。露出計は 2 1/3 段マイナスを示している。

MOMAN 25%

25%に設定した。操作ミスでシャッタースピードを 1/3 段遅くしてしまったので、実際には -1/3 段となる。約 30%の光量時に AL-M9 と同等の明るさになるようだ。

MOMAN 50%

50%にすると露出計は+1 段になる。数値通り、25%の時の 2 倍の明るさという事になる。

MOMAN 75%

25%の 3 倍の 75%。露出計は 1 1/3 段プラス。

 

MOMAN 100%

25%の 4 倍の 100%。計算上は 2 段明るくなるが、露出計は 1 2/3 段プラス。誤差としては許容できる範囲だと思います。

先述した通り途中からシャッタースピードが1/3段明るくなってしまっているので、AL-M9
と同じ設定時では100%時で 1 1/3段プラス。ということになります。

これだけの薄さ・小ささを保ったままAL-M9の2倍以上の光量があるのはとても有難いです。

色温度の変更

次に、25%の光量で色温度を最低の 3500K に変更。

カメラ側の WB も 3500K に変更して、露出計を見ると 1/3 段落ち。暖色は若干光量が下が
る傾向がありそうです。

以下に GH4 で実際に撮影した写真を載せます。

5% 5500K 1/50, F3.2, ISO800

25% 3500K 1/50, F3.2, ISO800

25% 5500K 1/40, F3.2, ISO800

50% 5500K 1/40, F3.2, ISO800

75% 5500K 1/40, F3.2, ISO800

100% 5500K 1/40, F3.2, ISO800

壁から1.5mしか離れていない状況のなか、35mm換算28mmの画角でも十分の範囲を照
らしてくれていることが分かります。

バッテリー性能

バッテリーを満充電し、明るさを50%に設定したうえで実際にどれぐらい使用できるのか
テストをしてみました。

開始時は1.9h = 1時間54分となっていました

30分経過

1.5h 表示

1時間経過

1.1h 表示

1時間30分経過

1.0h 表示。90分経っても1時間の残量と表示しています。

1時間45分経過

52m 表示

1時間50分経過

42min 表示

1時間55分経過

16min 表示

1時間57分経過

消灯しました

 

というわけで、表示が1時間を切ってから消灯までは割と早いようです。時間はあくまで
も目安。といった感じですかね。とはいえ満充電時での時間表示はかなり正確でした。

もちろんこの結果は輝度の設定やバッテリーの劣化度などによって変わるかもしれません
のであくまで参考としてください。

まとめ

このMomanのLEDライトは、小型・軽量・大光量ながらも長時間のバッテリーライフを
実現し、かつ色温度まで自在に変更できる、とてつもなく優秀なLEDライトであることが
わかりました。

取り付けも2か所の1/4ネジの他にマグネットで金属面にも取り付けられ、カメラバッグ
に一つ入れておくだけでイザというときに大きな力になってくれることでしょう。

これから沢山働いてもらおうと思います。


なお、カラー展開は黒と赤の2色になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。